腰痛と坐骨神経痛の違い

腰痛と坐骨神経痛は何が異なるのか?

腰痛と坐骨神経痛の異なる所

 

臀部・足の痺れは坐骨神経痛

 

腰痛と坐骨神経痛は共に病気の名前では無く症状の名称だということです

 

腰痛というのは、腰の周囲のみに痛みや重苦しさが生じるのに対し、坐骨神経痛というのは臀部から大腿部というような下半身に亘っても痛みや痺れがでます

 

坐骨神経痛は時には腰痛と併せて生じてくる場合があるので区別が付きにくくなることもあります

 

しかし、臀部や足の痺れといった症状があれば坐骨神経痛と判断して良いと思います

 

腰痛の特徴

 

腰痛は、長時間に亘り同じ姿勢でいたりすることにより筋肉がこわばるなど緊張し、痛みとして自覚することもあり得ます

 

また腰に悪影響が出る姿勢で長い時間過ごしたり、そのことが癖になってしまうせいで、腰をアシストする筋力が衰えて腰痛を引き起こす場合があります

 

腰痛は、どんよりと重苦しい感触やだるさが背中から腰にかけて全体的に広がる感じがし、腰の曲げ伸ばしが厳しくなることが多くあります

 

坐骨神経痛の特徴

 

坐骨神経痛は、腰の痛みも同時に起こることも考えられますが、腰痛と同時に、臀部や大腿部まで痛みや痺れが起きたり、足の突っ張り、電気が生じるような痛み、感触が鈍い等を含んだ症状が出ることが起こります

 

痛みに於いても、片側だけだったり両方だったりします

 

例を挙げると、寝ていて足を伸張すると痛みが増す、腰掛けている状態の方が辛いなど姿勢によっても痛みが異なります

 

坐骨神経痛だけ症状が現れることもありますが、腰痛も伴う坐骨神経痛も存在すると考えた方が分かりやすいでしょう

 

腰痛も坐骨神経痛も症状が発生する原因は多岐に亘りますが、椎間板ヘルニア、腰部脊柱間狭窄症等といった同様の原因から症状が出現することもあります

 

 

大阪市港区築港 ふたば鍼灸整骨院トップ