突き指の応急処置で大事な事

突き指の間違った常識は危険です

突き指の応急処置で指を引っ張ると後で大変困る事になる場合があります

 

突き指は、指以外の部分を捻挫や打撲した時と同様に、骨、腱、靭帯、毛細血管等が痛んでいる場合があり、骨折している時や靭帯が切れて離れている時があります

 

指を引っ張ってしまうと、切れた腱が骨と骨の間に挟まり、後の治療が大変行ないにくい場合があります

 

固定だけで済むはずが、腱が挟まって抜けない為に手術になる場合があると聞きます

 

絶対に引っ張らないようにして、アイシングを行ない、早急に治療を受けて下さい

 

大阪市港区築港 ふたば鍼灸整骨院トップ