オスグッドシュラッター病の原因

オスグッドシュラッター病

太もも前面の筋肉は膝蓋腱になりお皿に付いて、お皿から脛の骨の出っ張った部分に付着します

 

骨が完成していない10〜15歳ぐらいの時に、足を使い過ぎ、脛の骨の付着部分に過剰な引っ張る力が掛かったのが原因です

 

他の原因は成長期で骨の成長に筋肉の成長が追いつか無いので、相対的に筋肉が短くなり、長さが足りないので、付着部分に常に力が掛かるのが原因です

 

脛の前側の付着部分に炎症が起こり痛み、付着部分の骨が盛り上がってきます

 

ダイナトロン950で脛前側の炎症を治療します

 

太もも前面の筋肉の緊張を鍼で緩めるのも有効です

 

 

大阪市港区築港1−9−18

 

ふたば鍼灸整骨院 TEL 06-6573-5855

 

受付時間 平日10:00〜17:00

 

昼休み無し お気軽にお越し下さい

 

大阪市港区築港 ふたば鍼灸整骨院 トップ